2008年06月12日

種差芝生地

080611種差.JPG

私の影の画商からの今度の指令は「種差海岸」。下見に来た。この場所は難しい。黄緑しかないのである。海に向かえば岩と芝生だけになるし、振り返れば「芝亭」と芝生である。「種差海岸」というタイトルにはならないじゃないか!。建物は絵になる食堂や旅館が並んでいて、行ったことはないがフランスのオンフルールみたいに描けそうだけど、海が入らない。沖から眺めるとすんばらしい、と聞いたことがある。どなたか某に船をだしてくださらぬか?
posted by ポール at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | この辺のスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

虚空蔵吊橋/南郷フォークフェステェバル

080532南郷公園の橋.JPG

虚空蔵吊橋/八戸市南郷区


NANGOUフォークフェスティバル
2008年日(
南郷文化ホール
開場12:00 開演13:00
入場無料

080512南郷ポスター.JPG

サーモン&ガーリック出演決定!
posted by ポール at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | この辺のスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月10日

青葉湖/南郷フォークフェスティバル

080420青葉湖.JPG


南郷フォークフェスティバル開催決定!

平成20年6月8日(日曜日)

南郷文化ホール

サーモン&ガーリックも出演予定

詳細はまたね。
posted by ポール at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | この辺のスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

八戸大橋の下あたりここはどこ

080411minato.JPG

みなと/八戸大橋の下あたり

最近よく『powerstation A7 フォーキーナイト』に混ぜてもらっているが、いつも同じような格好をしていて花がゼンゼンないから、とりあえず足元からというわけでライブステージ用に靴を改造した。80年代に流行したスタイルである。なつかしい実物を見たい方は
13日(日)19:00 OPEN!
靴と首飾り.JPG

"ニューシューズ&ちくわ首飾り"
posted by ポール at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | この辺のスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

第3魚市場/八戸市リバプール3丁目

080324第三魚市場.JPG

20080323A7フォーキーナイトへ大道芸出勤:アコースティックギターでロックのノリを叩き出そうとタンバリンを踏むも、ことごとくスベる。デヴィッド・ボウイの声色が音痴。マックハウスで買った330円の新しい靴下だけが救い。続きを読む
posted by ポール at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | この辺のスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

T平洋K属

080316taiheiyouK.JPG


長く勤めた職場を描いて欲しいとの依頼があった。故郷である北海道へ帰るという。うまくは描けないけれど、なんにもないよりはあったほうがいいと思いたい。通ったお蕎麦屋さんで見つけた素人画家に描いてもらったと、故郷で友と呑む夜の、酒の肴になればいい。
posted by ポール at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | この辺のスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月26日

舘鼻漁港

080225舘鼻.JPG

『舘鼻漁港』 海に、ウインザー&ニュートンのアーティスト固形透明水彩「ペインズグレイ」を使う。グレイというより青じゃないのかな?といつも思う。同じウインザー&ニュートンでもコットマンのペインズグレーは、いかにもグレーなんだけどな。


NANSHU & DANKERS BAND
20th Anniversary Concert
2008年3月9日(日)午後6時30分開場7時開演
八戸プラザホテル 4000円 チケット手配できます!

このLIVEに"サーモン&ガーリック"がゲスト出演します。
私ポールもチケット扱ってます。お問い合わせはサーモン&ガーリックが所属する
プロダクション『ふらいどKEN』気付けPAUL SALMONまで
posted by ポール at 21:02| Comment(4) | TrackBack(0) | この辺のスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

舘鼻漁港

080207舘鼻.JPG

昨日代理で参加した講習会のDVDで、不覚にも涙してしまった。「公平な採用活動を」っていう内容なんだけど、面接試験のシーンで…。誰かさんのことを思い出したのかな。今とはまるで別人の、やせて少しおどおどした、白黒の履歴書の写真を、思い出したのかな。

A7ライブ情報:HIGAさん率いる?BAND"BB"出演
2008-02-11(MON) 19:15 OPEN 20:00 START @2000/1DRINK
八戸市六日町12 大松ビル4階powerstation"A7"
私PAULも観に行きます。チケット希望の方ご用命下さい。

"サーモンガーリック"(注1)LIVE情報:喫茶ピーマン『ゆるゆるライブ』出演
2008-02-15(FRI)20:00START 詳しくは喫茶ピーマンのページでチェケダウッ!
(注1:サーモンは私)
posted by ポール at 21:50| Comment(2) | TrackBack(0) | この辺のスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

今年はいっぱい歌うぞ

080123下長夕日.JPG
「下長のたんぼに日が沈む」
 脳科学者?の池谷裕二さんの本を予約している。カタカナ英会話の本だ。「ホスピタル」を「ハスペロウ」と表記しようなんて書いてるらしい。これはおもしろいにちがいない!私はデタラメ英語で歌うが、これまで通り開き直ろう!ネイティブよりクールなカタカナ英語で歌いまくるのだ!
posted by ポール at 22:57| Comment(8) | TrackBack(0) | この辺のスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

葦毛崎展望台を眺めながら音階の不思議について考える

071202葦毛崎.jpg


人はなぜドレミファソラシドが発声できるのか。やっぱり不思議だ。基準になる低い「ド」を声に出したとして、その一オクターブ上の「ド」まで、まあまあ正確に発声できるのは、なぜだろう。人間に備わった能力?日本の音楽教育の成果?
posted by ポール at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | この辺のスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

不思議なこと

071124一万トン岸壁.JPG

「白銀町先の八戸港、海上保安庁の船か」

世の中には解明されていないことがまだまだあるのであった。季節なので聴きたくなった曲JOHN LENNON”HAPPY X`S MAS”はジョンの絶妙な声とタイミングで始まるのだか、そのギターのリズムが難しいのである。専門的にはわからないが、三連符なのかシャッフルなのか、またそれらが途中で変化しているのかさっぱりつかめないのである。
 さて明日は階上町の石鉢交流センターに歌いに行くのであった。一グループ10分の持ち時間で何べんか回るライブである。手打ちそばも食べられるそう、楽しみじゃ。
posted by ポール at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | この辺のスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

舘鼻漁港で気がついた

071117舘鼻.JPG

『舘鼻漁港』

今月の『A7』の「フォーキーナイト」で、フルートさんとsimon&garfunkelの『水曜の朝、午前3時』を初めてあわせようと相談してるんだけど、ハモリのパートでわからないところがあったんだ。何回聴いてもアートなのかポールなのかわからなくて。ところがさっき気が付いた!ステレオのバランスを変えてみたら、二人のボーカルが、なんだぁ左右にはっきり分かれてた。疑問は一瞬にして解決したのでありました。
posted by ポール at 18:44| Comment(6) | TrackBack(0) | この辺のスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

不定冠詞『a』を「エイ」と発音することについて

071106舘鼻.JPG

『舘鼻漁港』

Simon&Garfunkelの名曲“THE SOUND OF SILENCE”の二番の歌詞に♪'Neath the halo of a street lamp♪とあるんだけれど、『a』を「エイ」と発声してるんだよね。たしかに「アー」と伸ばすと音楽として締まらない気がするし、英語圏での普通の感覚なんだろうかと想像していたところ、Billy joel にも発見した。彼の一枚目のアルバム(個人的に一番好き)の“WHY JUDY? WHY?”の4コーラスに♪need a friend♪とあって、彼は「エイ」と歌ってる。やっぱり英語での独特な歌いまわしかなぁ、英語の歌での常識?それとも何か決まりがあるのだろうか?本人達に会ったら直接訊いてみたい。(そんな機会は絶対にないけど)
posted by ポール at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | この辺のスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

蕪島漁港

071028蕪島漁港.JPG


確か24年前に買ったクラシックギター。弦高が6弦12フレットで4ミリある。ブリッジが持ち上がって高くなったのだろう。3ミリくらいがちょうどいいかも。
posted by ポール at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | この辺のスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

ウミネコが去り、寂しい蕪島

071022蕪島.JPG


土曜日は第6回「はしかみふれあいコンサート」に出演させてもらった。サイモンとガーファンクルを中心に30分のステージ。楽しかったねぇ。主催のはしかみ軽音楽倶楽部の皆さんありがとう!
今日はなんだか腹筋が痛いけど、その影響だろうか?緊張で異常に腹に力が…とか?そんなことあるかな?たしかに日常とは違う動きをしていたから…イントロが始まって自分のギターのボリュームがゼロなのに気づいたり、ギターの収まりが悪くて右足を爪先立ちさせてつりそうになるわ、顔の前にあったはずのマイクがエンディングにはへそのあたりまで下がって猫背のおじいさんだろこりゃ。
 …つまり音楽は場数なのである。
posted by ポール at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | この辺のスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

マリエントの駐車場から

071017マリエント駐車場から.JPG

テレビで岸本佐知子さんの話を聴く。翻訳家らしい。今回エッセイでなにかの賞を獲ったそうだ。
自分がものすごく感動したことは文章に書けない。高い技術が必要だということでもあるが、大きな感動であればあるほど、心の中にあるその実体を越えることが出来ないから。であれば普段の物事を無理やり題材としてひねくり回せば、なんだか予想外のものができる。そしてそれはとてもうれしい。
岸本さんはきっと、そんなことは言ってなかった。けど私はそんなふうに聴いた。
posted by ポール at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | この辺のスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

夕焼けの鮫漁港

071017鮫漁港.JPG


急に寒くなったのはよくわかっているつもりなのに身体が対応し切れないのか、またもや風邪気味だ。でも発病する前に治してやる。
読書の秋だ。まだ『カラマーゾフ…』読みかけなのにいろいろ手を出している。『進化しすぎた脳』、新訳の『O・ヘンリ短篇集』、集英社新書で出る『直筆で読む「坊っちあん」』まで予約したり。
このあいだ衛星放送の週間ブックレヴューにゲストで渡辺淳一さんが出ていた。言葉は大事だと仰ってた。特に女の人に対しては。それにはコツがあって、「心を入れないこと」だって。名言だなぁ。
posted by ポール at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | この辺のスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

舘鼻漁港と水産会館

071005舘鼻と水産会館.JPG


祝日ではあるけれど、♪雨の日と月曜日は♪…か。昨日まであんなに秋晴れだったのにね。前に読んだ本を読み返す。『すべてがうまくいく8割行動術』。やはり8という数字には何かがあるね。前からそう思ってたもん。世の中はきっと、8と2で出来ているのだ。八戸と二戸、八太郎と二階堀、いやそれは関係ない。2割のサボり組、いや2割の勤勉者と8割のサボり組だったか?とにかく最後まで読んでみよう。いや待てよ、この本も読みきらずに8割でやめておけば明日もあさっても「8割行動術」についての思索が深まるのかもしれないぞ。
posted by ポール at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | この辺のスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

夕暮れの蕪島海水浴場

070810蕪島海水浴場.JPG


蕪島も白浜海岸も、夏の間ずっとテント張りっぱなしになってるよね?これは張り捨てておいて週末や休みの日にパッと使ったり、平日の仕事帰りにちょっと和んだりするためなのかな?あっという間に過ぎていく夏だから、それぐらい楽しまなくちゃってことか。
世の中の流行に乗って『カラマーゾフの兄弟』を読んでる。「カラキョウ」と略すらしい。1巻しか持ってないけどね。風が吹き抜ける涼しいキャンプ場でギリギリ冷やした缶ビールを開けてじっくり読書の夏休み、なんていいよね。小ぶりなアコギもぽろろんと、ジャック・ジョンソンを歌いながら、サーフィンなんか始めちゃうのさ。妄想だけど。
キーボード叩いてたらスイカが出てきた。夏生まれの私は、子どもの頃誕生日にいつもスイカだった。一人で半分は食べる。志村けんバリのスピードで。好きだしね。種なんか気にせず全部呑むよ。今思うと親の策略にはまってたきがするなぁ。ケーキよりは断然安いもんね。
posted by ポール at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | この辺のスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

東北町わかさぎマラソン大会

070728わかさぎマラソン.JPG

駅伝に力を入れている町なだけに、参加選手も1200名近いマラソン大会。天気に恵まれて暑すぎるなと思っていたら昼から雨になって、最後には寒くすらなってきた。ここ小川原湖はしじみ貝が知られているから、ひょっとして屋台にしじみラーメンでもあったかな?よく探せばよかった。

070728m.jpg

仕事仲間M
posted by ポール at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | この辺のスケッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。