2008年01月09日

コーヒー風呂の乙女 \ask

080109コーヒー風呂の乙女リサイズ.jpg

以前焼いた器はヒビだらけで水漏れするから、コーヒー豆を入れて、このタイトルである。豆は『八戸珈琲館』エスプレッソロースト使用。
 昨年はA7フォーキーナイトに混ぜてもらったことで音楽の交友が広がり、演奏(合奏)の楽しさに気づいたと同時に、ステージに立つことの難しさも思い知ったのであった。人に聴かせる以上、楽しんでもらわねば。まだまだ修行は続くのである。今度は13日の日曜日なのだ。性懲りも無く『ちくわ鉛筆キャップ』一ダース製作中なのだった。
posted by ポール at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

『ちくわ箸置き』すべて失敗

071118焼くとこ2枚連結.jpg
雨になぞ負けないのであった。炭を起こし素焼きから始めた日曜日。ラジオを聴きながら余裕綽々の日曜日。いったい何が悪かったのだろう。ちくわは変わり果てた姿に変身していた。まるで、見たことはないが別の星から落ちてきた未知の生命体のようであった。ちくわというよりはむしろ焼け焦げた松茸にも似た・・・(それも見たことはないが)とにかく映像化不可能なのだ。おまけで焼いた徳利も、やはり漏れた。
171118焼中連結.jpg
posted by ポール at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

『ちくわ箸置き』

071112ちくわ箸置き成形kirinukiresize.jpg

いまだまともな「ちくわ箸置き」はできていない。だが今度こそ期待できる。成形した。企業秘密だから詳細は言えないが、半磁器土で形を作り、焼色の部分に赤鍋土を塗りつけてみた・・・。結局全部言ってしまったが。これを焼き上げれば輝く白地にコンガリ狐色の焼色がうまそうな「ちくわ箸置き」の完成と相成るに違いない。そば料理の店『調』にも置いてもらえるかもしれない!
posted by ポール at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

徳利が漏れるから首をのせてオブジェ

071023オブジェ.JPG

好きだったのにギネスビール。いまはおいしくないんです。自分がただの飽きっぽい、嫌な奴に思えてくるから、慌てて本のなかに言い訳を探す。
「脳は新しもの好きで、絶えず刺激を求めてて、だから仕方がないのです。」
ところでいいギターとは、きっと年々音が良くなっていく。だから飽きることがない。よくできてるじゃないか。耳が慣れても、ギターのほうが更に進化して慣れを追い越し続ける、少しずつね。
posted by ポール at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

形あるものは壊れる

070924tokkuriyakumae.JPG


暑くるしい夏だった。気温の高さではなく、湿度だ。服を着て風呂場にいるみたいに、抱えたギターは汗でベタつき、乾けばザラつく。音は空中を漂う水の粒に染み込んで、響くまもなく落ちていった。
秋になった。机の前に座ってみたくなる。土もこねてみたくなる。そこで徳利をこしらえた。大きいのはグロテスクで、ウルトラマンにこんなエリマキのある怪獣でてくるよな。花瓶にしか見えない。どれも焼いたらひび割れてしまう確率が高い。これまで作ったぐい呑みも、水を入れるや染み出して、飲む間もなくシャツがびしょびしょになったものだ。穴が開いている器よりももれるのが早いのだ。
乾燥させている今のうちに、せいぜい撫でておくことにしよう。
posted by ポール at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

花器返品

070515返品花器.JPG

せっかく使ってもらった花器、水漏れで返品された。
数々の失敗竹輪箸置きとともに、お倉入りとなってしまうのか。
内側にもう一度釉薬をして焼きなおしてみるかな。
posted by ポール at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

花器使ってもらった

070510作品花器1.jpg

070510作品花器3.jpg


070510作品花器2.jpg


なかなかいいじゃない

posted by ポール at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

雨ニモマケズ

土の像(焼き上げ後)300×400.jpg

雨の日曜日。二週間ぶりの休日を無駄にしてなるものか。雨でも七輪で土を焼いてやる。車庫があればいいんだがなぁ。そうだキャンプ道具のタープを使おう。二階のベランダの手摺に結び付けて、ぶら下がったところを庭木に結べば取り合えず雨はしのげる。やってみたら面積が狭くて雨が吹き込むけど、アウトドア気分で良しとしよう。人形は思ったとおりの色にはならなかった。釉薬が溶けるところまで温度が上がっていないようだ。

070420女神焼く前up.jpg

(焼く前)
posted by ポール at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

資源の無駄使いかも

070321焼き上がりあれこれ330.jpg


『10分陶芸』という書から入っていながら、成功の秘訣は時間をかけることと知り、そんな時間も楽しんでいる。著者の罠にはまったのかもしれない。釉薬が溶けて滑らかになるところがおもしろい。素地のざらざらな手触りは底に残るくらいにしといて。

070321土の女神250.jpg
posted by ポール at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

ぐい呑み二つ

070311第四回七輪陶芸作品.jpg

焼いてみてどんな色になるのかが楽しいところ。見たことはないけど、まるで恐竜のような色である。触ったことはないが、まるで恐竜のような質感である。これで一杯やると記憶は遠く原始の時代にさかのぼる。人類が初めて立ち上がった日に。
posted by ポール at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。